« 2004年5月 | トップページ | 2005年12月 »

2004年6月

2004/06/05

リニア彗星って?

綺麗な夕焼けが見えました。日が暮れる前には雨も降ったし今日あたり見えるんじゃないだろうか?
フィールドスコープであるはずの場所を探しても見あたりません。しゃーないなー、天体望遠鏡を持ち出して、低倍率で丹念に探す・・・と・・・無いぜよ。見えんぜよ・・・。一体見えてないのか見えないのか。なんとなく靄が出てきてすっきりしないお空になったので諦めて機材を片づけました。雑誌、ニュートンの表紙になったりして大きく取り上げられていたけれど、正直、期待はずれっす。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/06/01

ニート彗星

所謂「ほうき星」を子供達と見られるんじゃないか?と楽しみにしていました。5,6年ほど前でしたっけ、夜空に肉眼で綺麗な尾を持った彗星が見られたのは。今回はそれほどじゃ無いにしても、子供の目でなんとか見えたらいいな・・・。
前評判では肉眼でなんとか、双眼鏡があれば楽しめる云々ってハナシでした。晴れた日は夜な夜な双眼鏡で探しました。・・・見つかりません。天体望遠鏡では視野が取れないので見えない物を導入するのは素人には無理な筈、と、フィールドスコープ(ED52S)と双眼鏡、とっかえひっかえ。探して、探して・・・どうも彗星があるらしい位置に、もやもやとした星ではないけど星雲でも無い、なんか、ぼーっとしたものが見えました。別の日にも見える、違う位置に。こ、これが彗星なのかっ??半信半疑。長男はスコープを覗いて「なんかもやもや見える」と言ってます。が、何を見てそう言っているかはとっても疑問(笑)。

札幌天文台を訪れたときに、先生に伺ったところ多分当たりらしいです。その日、200mmの屈折で見せて頂いたニート彗星も、なんだか薄ぼんやりしていて、フィールドスコープで見たのと正直、大差ありませんでした。

リニア彗星も西の空に存在しているらしいです。最近天気が悪くて探していません。あんまり期待しないで見てみる予定・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜 星見の道具達

子供の頃、欲しかったけれど買って貰えなかった天体望遠鏡。土星の輪を見てみたくて、昨年、ビクセンのVIPER MC-90Lを買いました。視野の中、米粒よりはちょっと大きいくらいの大きさだけれど、輪が見えた!木星の縞模様も・・・。図鑑の写真と比べたら、とっても小さいですけれど、素直に感動しちゃいました。

現在のお道具
 ビクセン(ばっかりだなぁ) マクストフMC127L
 ビクセン 接眼レンズ LV8~24mm
 ビクセン 微動雲台
 ベルボン Super Shooter

窓際にちょこんと置いて部屋の明かりを消して。見られるのは西方の空(のみ)。都会の空は明るすぎます。プレアデス星団(すばる)を探していて、視野中にあるはずなのになかなか見つけられませんでした。子供の頃見たのと全然印象が違っていました。
それでも目を慣らすと少しづつ、見える星々が増えてきます。プラネタリウムでなく、実物の天の川を、今年は子供達に見せてあげられたらと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2005年12月 »