« Gyro:動きました | トップページ | ジャイロ:その他いろいろ搭載 »

2006/01/08

リポバッテリーとコネクタ

リポも届きました。E-tecの7.2V 1700mAh。バッテリー室の頭側の狭くなったところ、ここにぴったりとあつらえたように入り込みます。これ以上、厚みがあると、出し入れの時に、バッテリー外装に圧が掛かり、リポ本体をネジの頭が圧迫しそうです。幅方向には若干の余裕、電池ふた方向にはまだまだ余裕有りです。この辺勘案して次のバッテリーを探すとよさそうです。

コネクタですが、ちょっと困ってます。パーツ屋さんでも無いですねぇ。こんなもんかな、と通販で入手したのはことごとくサイズ違い。見る目が無いなぁ(←自分)。全部BECに付け替えちゃおうかな。

追記
コメント頂いた皆様ありがとうございます。近場のホームセンターをうろついていて見つけたコネクターのサイズがビンゴ!でございました。形は違うけど、サイズが同じで嵌るからまぁおっけ。なんでこんなの置いてあるんだ?謎。

|

« Gyro:動きました | トップページ | ジャイロ:その他いろいろ搭載 »

コメント

こんにちは。
どうやらバッテリーを購入なさったようですね。
サーボは6V対応のようですが大丈夫なのでしょうか?
ジャイロをつけたから電流が足りないとか?
1700mAってデフォルトよりもかなりおおいですよね。
先日のジャイロに関する記事は参考にさせていただきます。
そろそろジャイロがほしくなってきました(笑)
とりあえず遠隔操作は後回しです。

投稿: ジンジャーフィッシュ | 2006/01/08 14:56

どうもこんばんは。
RoboBasicについて質問です。

なんでかRoboBasicだとRobonovaが
動いてくれません。
Remoconのところを1にしたり0にしたり
色々やってみましたが動かないんです。
転送すると、ぴくっと身震いするだけ。
RoboScriptだとちゃんと動くんですけどね。

プログラムをBasicで開いたあと、
オブジェクトコードを作成し、
それをダウンロードしました。
ついでに作成転送ってのもやりましたが
どうしてもだめなんです。
零点調整もしたんですがね。
なんででしょう?
アドバイスをお願いします。

投稿: ジンジャーフィッシュ | 2006/01/08 17:52

こんばんは、リポぴったりだったみたいですね。カタログスペック見るとE-TECの1700mAhは厚さ17ミリ。コレでぴったりってことは私が試そうとたくらんでるバッテリーは入らないかもしれません。肩サーボの裏にビスが出っ張ってるのを忘れていました(爆)

バッテリーコネクタ、ROBONOVAと接続するには日本圧着端子(JST)のVHコネクタ2ピンメスがあればいいと思います。
http://blog.livedoor.jp/yu1rou1/archives/50170487.html
ここに書きましたがツクモロボコン館などで売っているコレを他のものを買うついでに買ってしまうのが早そうです。

投稿: Yu. | 2006/01/08 18:17

ジンジャーフィッシュさん
RoboScript使ったことがないのですが、そっちで動いているってことは本体は大丈夫なのですね。objファイルの転送は成功しますか? 転送後、電源をoff->onするか、Robobasicからプログラムのリセットしても反応ないですか? もうちょっと情報がないと何がおかしいのかちょっと判らないです。

Yu.さん
コネクタの詳しい情報ありがとうございます。ホームセンターでまたコネクタ買ってしまって(幾つ目やねん・・・)、これが形は違うけどサイズ的に嵌っちゃって、とりあえず何とかなりました。田舎のホームセンターって凄いかも(笑)。ツクモのロボット王国ですか、一度行ってみたいです。色々物欲煩悩刺激される危険な場所なんだろうなぁ。

投稿: しんぐ | 2006/01/08 20:31

>しんぐ様
objファイルというのはなんですか?
オブジェクトファイル・・・?

本体ONOFFによるリセットも効果ないです。
プログラムのリセット、というのは
一度削除して書き直し、ということでしょうか。
でしたらこれも効果なしです。
ぴくっと痙攣して終わりでした。
故障かしら・・・。

投稿: ジンジャーフィッシュ | 2006/01/08 21:46

続けざまにごめんなさい。
OBJファイルを見つけました。
現在手元にあるOBJファイルは三種類です。
ハイテックのサイトにあったものです。
action_auto.obj
↑これは最初にRobonovaから電子音がして、
そのあと痙攣して終わりました。
ONOFFのリセットも検証しました。
低電圧検出テスト
↑これは転送したとたん音が鳴り続けました。
ちなみに行別実行はちゃんと動きます。

投稿: ジンジャーフィッシュ | 2006/01/08 21:51

ジンジャーフィッシュさん
もうちょっと情報ください。ゼロ点設定はしましたか?できましたか?
RoboBasicでHITECのweb pageにあるOverall Tempate Program_novoltage.basをダウンロードしてコンパイル、転送はできますか?
RoboremocomはIRですか?PCですか?PCでしたら、きちんとcom1とかを掴んで命令を転送できていますか?

痙攣、ってのがどんな状態なのかわかりませんが、自分なら、いろんな場所に、「music "C"」「music "D"」とか判別できる音をちりばめて、どこで突っかかっているか突き止めようとすると思います。デフォルトの機体だと、音とLEDしか中の様子を表現する手段がないもので・・・。

投稿: しんぐ | 2006/01/08 22:30

どうも、こんばんは。

バッテリーのコネクタの件ですが、KHR-1用やRobovie-MS用が形状も極性も同じですので、そちらのオプションを探すのも一つですよ。
通販でも入手しやすいと思います。
(私の自作充電ケーブルと安定化電源接続ケーブルもKHR-1用コネクタを使用してます)

私もバッテリー欲しくなりましたが・・・ガマンガマン。

投稿: sakia | 2006/01/08 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/8057502

この記事へのトラックバック一覧です: リポバッテリーとコネクタ:

» バッテリー搭載スペースの大きさ(訂正版) [Yu.のROBONOVA-I徒然日記]
先日書いたバッテリー搭載スペースの大きさ、肩サーボ固定バーツからはみ出しているねじの頭の存在を忘れていました。 幅18mm x 高さ86mm x 奥行き43mm あたりが限界であると思われます。 この間リストアップしたバッテリーのいくつかはこのスペースに収めるために....... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 23:33

« Gyro:動きました | トップページ | ジャイロ:その他いろいろ搭載 »