« ダイソンDC12と付け替えヘッド | トップページ | プラネタリウム »

2006/03/27

BlueTooth to シリアルプラグ その3

頓挫中です。確認はしていないけれど、現時点では、「BTモジュールがbypass, command それぞれのモードに入るときに吐き出す文字列を、ロボノバが食べちゃって消化不良を起こしているかも」と考えています。動くんだけど、意図した動きじゃなかったり、何故かリセットしたりでプラグからなにがしらかは食べているみたいです。

いよいよ、中間処理をAVRで行おうかと。悪い癖で、そうするならあれも、これも、ついでに、なんて余計なことを考え始めちゃって、気が付くと振り出しに戻る、そんな脳内妄想段階です。まぁ、仕事の合間に考える別のこと、としては適度なお遊びです。

動的歩行にもかなり心惹かれる今日この頃。

|

« ダイソンDC12と付け替えヘッド | トップページ | プラネタリウム »

コメント

こんばんは!
今日はうちのサークルで総会を開きました。
色々協議したのですが、
テスターは大学から借りることにしました。
オシロスコープも同じく(笑)
私個人としてはもう少しよいテスターが欲しいところなのですが、
まずは600円の奴に慣れてからです。

安定化電源が欲しい~!

投稿: ジンジャーフィッシュ | 2006/03/27 22:56

どうも、こんばんはです
BTモジュールの種類によって違うようですが、KC21では起動時にBTのデバイスアドレスなどの文字列を吐き出すのを確認しています。
その対策で、起動コマンドを受信しないとサーボONしないように対策したりしてます。
プラグ経由ではこの対策をできないんでした。やっぱりAVR様の出番でしょうか・・・

シリアルが2chとも使えるようになると、一歩賢いことをさせられそうです!!

投稿: sakia | 2006/03/28 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/9276661

この記事へのトラックバック一覧です: BlueTooth to シリアルプラグ その3:

« ダイソンDC12と付け替えヘッド | トップページ | プラネタリウム »