« 確定申告前夜 | トップページ | ロボノバにライバル出現! »

2006/03/02

希望格差社会と下流社会と10年後の日本

多少なりとも本のタイトルを聞く機会のあった、「希望格差社会」と「下流社会」と「10年後の日本」が読めました。なんで読めたかというと、まぁそう言う最近には無い希有な時間が生じたためです。定期の出張と縁遠い生活になってから読む本の量が減りました・・・。こう言うのは大抵言い訳なのですが、その時間、別の何かをして楽しんで居たのならそれで良し、です。読み始めたら止まらないので、細切れの時間が予想される時って手が伸びないんですよー。腰が重くなっちゃうから。
感想:いろいろと身につまされる内容であります。特に子供達との関連を頭に置きながら読みますと、なかなかナカナカ、将来が明るくなる展望を見つけるのは大変でした。(なんて婉曲的な表現・・・)

|

« 確定申告前夜 | トップページ | ロボノバにライバル出現! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/8901476

この記事へのトラックバック一覧です: 希望格差社会と下流社会と10年後の日本:

« 確定申告前夜 | トップページ | ロボノバにライバル出現! »