« MacBookとPowerBookとiBook | トップページ | Parallelsと日本語キーボードとかな漢字変換(IME)の制御 »

2006/05/28

MacBookのメモリーとDVIコネクタ

MacBookのメモリーを買ってきました。1Gのを2枚。えー、とっても高いとレジでは思ったけれど、作業が終わって起動したらとっても幸せな気分になれました。

ParallelsでのWindows2000の動作だけでなく、windowsを起動しない状態でも虹色ぐるぐるが出たり、出るか出ないかの瞬間だけれどもなんとなく引っかかっていた感じがなくなりました。1Gの状態で、メモリの空きが30MB位見えていたのですが、これは実際にはいっぱいいっぱいでスワップしていたのでしょう。と思って今見たら、やっぱり空きは30MB、あれ?

さて、何倍だったか忘れましたがAppleは速くなったと言っているIntel Macですが、MacBookを通しての体感は、正直なところ、PowerBookの最終型(12,15inchそれぞれ)+できる限りメモリを積んだ物、と比較するとそんな感じはありません。むしろファインダーの操作とかはPowerBookの方がサクサク動いている感すらあります。システム関係のチューニング?カスタマイズとか全然無しの状態で。

Virtual PCを時々使う必要があった、と言う点からはParallelsが現在までのところ全く問題なく動いていますのでIntel Macへの移行で随分と快適になりました。

ディスプレイのコネクタは、PowerBook12inchのDVI変換コネクタがそのまま使えました。アポーストアに注文しちゃったけど要らないなぁ・・・。一応納期が延びるんじゃないかと念のため本体とは別発注にしたのだけれど、同時発注のACアダプタ。アダプタは家用と仕事の出歩き用にもう一個必要です。今までのが使えないのはちょっと痛いです。こっちは早く届いてほしいな。

|

« MacBookとPowerBookとiBook | トップページ | Parallelsと日本語キーボードとかな漢字変換(IME)の制御 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/10280023

この記事へのトラックバック一覧です: MacBookのメモリーとDVIコネクタ:

« MacBookとPowerBookとiBook | トップページ | Parallelsと日本語キーボードとかな漢字変換(IME)の制御 »