« MacBookのメモリーとDVIコネクタ | トップページ | Parallels+Xpの"¥"と"_" »

2006/05/31

Parallelsと日本語キーボードとかな漢字変換(IME)の制御

Macbookの上でParallelsを使って動くWindowsが2000からXp Proになりました。(なんだかややこしい)

日本語キーボードでは、入力できない記号があるとかあれこれ問題がある訳ですが、自分が使っていて一番の問題はかな漢字変換のON/OFFはどれ? なこと。本当はあれとこれとを押すと切り替わるのかもしれません。けど、良く判らない(汗)。仕方が無いのでマウスで切り替えてましたが、素晴らしいソフトを公開して頂いている方のお陰でなんなく解決しました。

キーボード快適化ユーティリティ 猫まねき

を使わせて頂きます。(作者の方、本当にありがとうございます。) Xp用をインストール。PS/2キーボードを選びます。とってもいろんなことができるようですが、自分の目的はただ一つなのでそれだけを目指してみます。

(1)「組み合わせキー」のタブを選んで、右側の「追加」をクリックして、上の「キーを押して指定」
(2)デフォルトのアップルキーの動作は必要ない(なんかメニューが出てくる)のでこれを仮名漢字変換のトグルボタンにする事にします。キーを押すと、キーコードが取り込まれます。
(3)次に、下の変換後のキーの囲みの中で、「リストから選択」をクリックすると出てくるメニューの一番上「IMEをON/OFF」を選びます。後はOK、閉じる、で終了。

メモ帳でやってみると、アップルキーで見事IMEのON/OFFができました。めでたしめでたし。
他のアプローチもできるかもしれません。「単独キー」タブの左下に「よくある設定」、ここにもIMEの制御に関わるプリセットメニューがありますが、目的は達成できたのでこれ以上はいじらないことにします。

リンクフリーとのことで勝手に紹介させて頂きました。元はシェアウエアだったそうですが、現在はフリーで使わせて頂けるそうです。ありがたいことです。

|

« MacBookのメモリーとDVIコネクタ | トップページ | Parallels+Xpの"¥"と"_" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/10335081

この記事へのトラックバック一覧です: Parallelsと日本語キーボードとかな漢字変換(IME)の制御:

« MacBookのメモリーとDVIコネクタ | トップページ | Parallels+Xpの"¥"と"_" »