« 子供たちとフリークライミング | トップページ | Parallels製品版 »

2006/06/15

都ぞ弥生のオルゴール:受け取ってきました

何度か催促のお電話を頂き(申し訳ない・・・)、やっと受け取ってきました。都ぞ弥生のオルゴール@倒木ポプラのケース入り。高いなぁ、と思っていたのですがその音色を聞いて吹っ飛びました。オルゴールって、こんなに良い音がするものだったの? すごい!!

ポプラの木箱に共鳴するのか想像以上に大きな音、そして、ここまでできるんだーとびっくりする程の主旋律+装飾音。予想していた以上に重厚な音が鳴り響きます。オルゴールの機構ってどこかで見た事があるそれと変わらない、ぽつぽつの付いたドラムがゼンマイで回転しているのですが、一回転するとほんの少し、かちっとドラムが横にずれて何事もなかったようにメロディーが続いていきます。おー、凝っている。オルゴールを持ち歩く訳にはいかないので、録音してパソコンで時々聞けるようにしたいなぁ。どうしたらいいんだろう(笑)。

そんな訳で、値段、ちょっと高いな、と思ってはいたのですが思い切って買って良かったなと幸せな気分。予定数は完売だそうですが、秋にポプラではなく、ミズナラの木を使って再販の予定があるそうです。一応案内がこちらに。

オルゴールを受け取ってきたのは、新しくできた北大交流プラザ エルムの森って所です。ええと、レジの横に冷蔵庫がありまして、その中にはあの幻のソーセージとハムが・・・。以前DIMEに載っていたやつです。できたんだー。悩んだ末に、ソーセージを買いました。家族で分けてたらあっという間になくなりました。とっても好評でした。今度はハムを食べたいな。

|

« 子供たちとフリークライミング | トップページ | Parallels製品版 »

コメント

採り上げてみえる大学のポプラ材版ではなく、独自に「都ぞ弥生」オルゴール企画を進めてきた者です。
卒寮生有志で企画し、編曲にも1年かけました。
仲間で楽しみながらゆっくりと進めているうちに、北大版に編曲を流用されてしまいましたが、箱も数段品よく仕上げて、ただ今予約受付中です(大学版より廉価。卒寮生には購入して欲しいものです。)。
経緯はHPをご覧いただければと思いますが、
私の編曲を評価いただいた記事を拝読し、とてもうれしくなりました。
ひと言感謝申し上げようと、コメントしました。
昭和55年惠迪寮入寮 榊原
http://www.keiteki.net/

投稿: さかきばら | 2006/08/01 10:37

コメントありがとうございます。ご紹介のページ、読ませていただきました。モノや知財を産み育て、世に出すことについての教育が行われる大学に属していた者の一人として、その由来を明らかにすること、そしてオリジナルを大切にすること、これらは最大限に尊重されるべきことと考えます。今回、コメントいただいたことで初めて知ることになりました経緯の中には、残念な点もありますが、別編曲のものが聴けるかもしれない機会と考えると多少は前向きに考えることができるのかもしれません。我が母校の対応も続けて見守っていきたいと思います。また、機会ある毎に関係者にも語りかけていきたいです。

さて、ポプラ材かどうかはともかく、別の記事にも書いておりますが私自身の興味は「都ぞ弥生のオルゴール」でありました。本文中に書きました、オルゴールの音色そしてその調べ、聴いたときの感想は偽り無く感動ものでありました。編曲に携わられた方ご本人からのコメントを大変嬉しく思いますとともに、作品を世に出し、そして聴くことができる機会を提供して頂きましたことにただただ感謝申し上げます。「寮舎オルゴール」もぜひ購入させていただきたいと思います。

投稿: しんぐ | 2006/08/01 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/10530596

この記事へのトラックバック一覧です: 都ぞ弥生のオルゴール:受け取ってきました:

« 子供たちとフリークライミング | トップページ | Parallels製品版 »