« 読書の秋 | トップページ | デジカメ無くした・・・ »

2006/10/21

読書の秋 2

爆発気味です。まとめないといけないお仕事があるのに・・・。

■世界の日本人ジョーク集 早坂隆著 中公新書

同僚が面白いと言っていたのを覚えておりまして、本屋に別の本を探しに行った時、バスケットにそれこそ文字通り積み上げてあったのを発見。買ってきました。
ジョークそのものも面白いんですが、解説文も面白かったです。著者は解説を書きたくってジョークを選んでいるのかもしれません(などと思ってしまった)。


■語られなかった皇族たちの真実 竹田恒泰 小学館

万葉集とか古事記とか日本書紀とかその後の歴史とかは、学生時代に興味を持って読んでいたので、いにしえのあれこれには比較的興味があったものの、近代のことは今までそんなに読んだり調べたりしたことがありませんでした。最近、女性天皇、女系天皇についての議論になってるのか良く判らない議論を見かけますが、なんか一冊、少なくともこの本の第1章(立ち読みできる分量40ページちょっと)でも読んで、新聞とかの記事を見ると見方が変わるかも。自分的には「なかつすめらみこと」の言葉の意味を再確認するきっかけになりました。


■この国を、なぜ、愛せないのか 論戦2006 櫻井よしこ ダイヤモンド社

一度読んでみようと思って一度も読んだことがなかった著者。なんでかっていうと、ダイヤモンドって雑誌のコラムで見てたから。読み始めてみて、なんだか見たことがあるような内容が多いなー、と思ったのも当然(笑)。もうちょっと他のも読んでみないと。


■歴史の真実 日本の教訓 渡部昇一 致知出版社

近代史、弱いです。上にも書きましたように興味が古代〜なもので。この辺はこれからの課題。今までなんとなくそうだったのかな、と思っていたこと、本当にそうだったのか違ったのか、自分で能動的に読み取っていかないとならないことだな、と感じました。


右傾化だとか、なんだかんだと書かれているのを見る機会が増えました。↑影響受けてますか・・な?(汗)。本屋に行くと確かに陳列構成が変わってきているかもしれません。
頼まれ物の文藝春秋の特別版「教育の力を取り戻す」を買いに行ったとき、ふと目に入ったダカーポ、Will、Voiceの11月号、それぞれ読み終わる度に次を買ってきて読んでみました。理系的に面白かったのは、Voiceの「技術系社長が日本を変える」でした。連続インタビューってなってるけど、来月もあるのかな、見てみよう。概ねVoiceの後ろ半分がなんとなく嗜好とか仕事とかに合ってる気がしました。

|

« 読書の秋 | トップページ | デジカメ無くした・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/12358422

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋 2:

« 読書の秋 | トップページ | デジカメ無くした・・・ »