« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/26

Mac OS X Leopard(続き2)

OSの不具合なのか、MacBook Proの不具合なのか判りませんが、日本語を入力していると時々固まるようになりました。ある程度文章を書くとキー入力を受け付けなくなり、程なく復帰する、と言う不可解な様子。ことえりでもATOK2006でもおきます。

ユーザー辞書の形式が云々と2chのスレだったかな、どこかで読みましたので、ATOKの方はユーザー辞書を使わないとか、推測変換やあとなんだっけ、とにかく使わないように設定してみたけどやっぱり時々症状が出ます。ことえりはのユーザー辞書はまだ手つかずです。

症状が出た時もマウスは問題なく使えるので、ATOKからことえりに、またはその逆に変換ソフトを換えてみても入力はできません。しばらく待つと入力ができるようになります。

さて、これはOSの問題でしょうか、それともハードの問題(なんか違いそうだけど)でしょうか・・・。深刻ではないけど文章書いている時に思考を中断されるのは(書こうと思った瞬間にえいやっと書く訳で、いつも書いてる訳じゃないのでなおさら)ちょっと困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

Olympus E-3

ついに出ましたオリンパスのE-3。触ってきましたがAFがはやいです。ファインダーの見え味もgood。スペック上秒5コマだそうですが、連射も気持ちいいです。フォーサーズは元々ミラーショックがとても少ないのに加え、ISも装備されたし、信頼度十分の防滴仕様なので、鳥撮りの望遠には目茶苦茶良さそうです。

なーんてのが実機を触っての感想でした。昨今の物欲封印の修行の成果は上々、欲しいなーとか気絶しそう、とかの気分になりませんでした。なんというか全てに渡って気分が↓↓下向き↓↓なのでしょう。これはいいことなのか悪いことなのか・・・。あまり良い事じゃないような気がします・・・。

--2007/11/26追記--
"オリンパス E-3"の検索でここへ飛んで来た方々へ。
E-1を発売日からほどなく買ってE-300も使ってる訳ですが、E-3、本来なら多分飛びついてます。恐らく新しい標準ズームと一緒に。飛びつかない(つけない)理由は昨今の個人的な情勢に依るところが大でありまして、たいして参考にならないページに飛んじゃって御免なさい。
いや、それにしてもE-3に関心がある方々が多いのでしょうか。この普段は閑散とした場末の独り言のページにアクセス数がびっくりする程・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macで使えるテンキー

ある処理ソフト、テンキーがある方が操作性が良いのですが使っているのはMacBook。NumLockとかMacに限らずノートパソコンでこれを使う人って本当に居るのでしょうか?自分は無理です。そんなわけで必要時、テンキーは外付けです。

普段は電卓にもなってコードを繋ぐとテンキーにもなる、なんてのを繋げて使っていたのですが、キー配置がもろ電卓なものでテンキーらしい配列のものでも手に入れましょうか、と調べてみると意外と対応品が無いようなのです。

現在使っているのは、「ELECOM TK-DE2USV(リンクはメーカーサイト)」ってやつです。自分が把握してない不具合はあるのかもしれませんが、使っている範囲では特に問題なく動作しています。計算結果をエクセルのセル(に限りませんがキャラクタとして)へ転送するとか、カーソルの移動とかBSキーとかも動いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

無気力養成処

こういう環境に長くいるとどうなるか。適切に最適化された行動を行うのが当事者としては合理的だとは思うけど、その選択は大局的に見ると組織の目的とは相反しています。これは組織の目的遂行よりも組織に属していると言うことが大切な場合。それでは駄目だろーと思ってしまう場合、なんとなくのらりくらりと意志を貫くと言う訳の判らない行動が必須。
長くいる個々人程、本人が意識してか無意識下にか、とにかく結果的に、行動が「当事者にとって」最適化がなされてしまっており、それだけならともかく、自らの存在価値があるかのように見せかけるため、目的の遂行に対して不合理な設定を数多く仕掛けるなんてことまで平然と行われ・・・。会議に長く座っている忍耐力と、最後に会議の過程を一発で覆す(笑)発言には決して憤らない精神力(鈍感力かも知れません)が必要なskillの上位にあるのは間違いありません。理由は別のところにあるけど、書けと言われて退職届を書きました。次はどうなるんすかねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »