« Mac OS X Leopard(続き2) | トップページ | やる気を摘み取るマネージメント »

2007/12/17

Mac OS X Leopard(顛末)

入力ができなくなる件ですが、日本語に限らず発生するようになりまして・・・ある日全てのキー入力を受け付けなくなりました。外付けキーボードを使うとなにも無かったかのように動作。・・・ハードの故障でした。MacBook Pro15は買って半年で入院生活と相成りました。思えば、先々代のPowerBook 15inch最終型もメインボード交換で入院したっけ。あの頃はApple Storeが札幌になかったのでちょっと大変でしたが、今回は程なく修理も終わり、コンピューター無しの生活は中一日のみでした。修理内容はトップケース交換?だとか、キーボード回りの交換なのでしょう。

もうちょっと在宅ワーク、メールワークから離れられると思ったのに(涙)。ともあれ、仕事の資料作成に大幅なdelayなく済んで助かりました。そんな訳でleopardを疑った日本語入力の不具合ですが、結果、ハードの故障と言うことで顛末終了。プレゼンも無事かどうかは判らないけど、とにかく終わってほっと一息。

|

« Mac OS X Leopard(続き2) | トップページ | やる気を摘み取るマネージメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/17389668

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X Leopard(顛末):

« Mac OS X Leopard(続き2) | トップページ | やる気を摘み取るマネージメント »