« ダイソンDC16 (root6)故障・・・ | トップページ | この半年間(ダイソン故障、電子辞書故障) »

2009/11/28

LED電球

経済も落ち込んで、仕事もどうなるか全く不透明だし、モノの購買欲がふつふつとわき上がることも無く。どうしようもない閉塞感が満ちつつある気がします。自分だけじゃなくって、仕事の仲間達と話していても。

家の廊下〜玄関の電灯。白熱灯から電球型蛍光灯にしたのはちょっと前。交換しようとしたら熱くて大変。子供達に必要の無いときは消すようにと言うけれど、通り道の電気だから常に付いている・・・。奮発してLED電球にしてみました。

60Wの蛍光灯だとON/OFFの度に光量が落ち着くまで少し時間がかかって暗いです。本来60Wの白熱灯が大丈夫な装置ですから発熱は大丈夫だろうと100Wの蛍光灯にしていました。SHARPのLED電球、スタンダード型、600シリーズ(60W型相当)の電球色に交換。

100W->60W相当、さすがに暗くなった感じがあります。慣れるでしょう。本来の60W->60W相当であれば、明るくなったように感じたかも知れません。感覚的比較の問題だからはっきりしたところは分かりません。発熱と消費電力が少ないのはメリットです。単価は高いですが、多分、今後は主流になっていくのでしょう。

|

« ダイソンDC16 (root6)故障・・・ | トップページ | この半年間(ダイソン故障、電子辞書故障) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35551/46881775

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球:

« ダイソンDC16 (root6)故障・・・ | トップページ | この半年間(ダイソン故障、電子辞書故障) »