パソコン・インターネット

2009/01/11

Macで使えるテンキー その後

以前、マックで使えるテンキーの件を書きました。

大量の数字と格闘するありがたい機会(涙)の時期となりまして、久しぶりに電卓付きテンキーをつないでみたところうまく動きません。Macが先日から所謂、新MacBook(アルミボディ:Late2008)になったのですが、これが原因なのやらどうやら判りません。

テキストエディターだと、数字は入るけれど、入力の後に入力エラーの時に鳴る音が鳴ります。「=」は「_」(アンダースコア)になります。エクセルは一瞬数字が入力された後、バックスペースで消えるような挙動。まぁ、使えません。そんなわけで、ELECOM TK-DE2USVは現状使用不可、電卓として機能しております。使えるテンキーを調達しなければ・・・。

エントリー本題ではありませんが、新MacBook(アルミボディ)は結構良いです。液晶の品質も旧MacBookと比べればかなり良くなっています。MacBookとMacBook Pro(15:アルミだけど旧型)とを並べて平行作業するときに気になった、2台の液晶の見え方の圧倒的な違いは少なくなっています。それから、筐体がリジッドになったおかげか、キータッチがしっかりしています。感覚的なもので厳密な比較や数値化は難しいですが、気になる人には明らかに違いが感じられるぐらいの差はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/16

Shinnorie メッセンジャーバックに入る本

Shinnorie メッセンジャーバックについてコメントを頂きました。
タイトルとあまり関係ないですが、読んだ本の覚え書き 7

このバッグに厚さ3cm程の本が3冊入るかどうかと言うお問い合わせでした。先日、写真を撮ってみました。遅くなりましたが以下のような感じです。

バッグに入れてみた本。コメント頂いた方が医学生さんらしいので、同僚の本棚を眺めて関係ありそうで厚さ3cmほどなものを探しました。なかなかそう言うのって見つからないものですが(当然か・・・)、2.5cmなものを発見して借りました。これなら同じ本がどこかにあるのでは?なかったらごめんなさい。その他は同じような厚さの本を持って来ただけですので後ろ向き。(サムネイルはクリックで640x480に拡大します。なんだか縮小が汚いですが記録用途なのでご容赦ください。)

Contents

これを入れたのが次の写真。(普段入れている他のものは一旦全部出しました。)
がんの〜の本がパソコンを入れるコンパートメントに入っています。

Sibgin1

もう少し入りそうです。
厚さ1cm程の本を2冊追加。空いたスペースに500mlのペットボトル。

Sibgin2

ちょっと辛い感じになります。ふたのマグネットは定位置にあります。これ以上モノを入れてバッグ本体の厚さが増すと、ふた固定のマグネットが定位置でなくなります。
 
 

普段入っているもの。これぐらいなら問題ないです。Tシャツ+菓子パン+缶コーヒーをいれると大体ぎりぎりになるくらいです。

Dailyinit

MacBook ProがいつのまにかMacBookクロになってますが・・・。手に入れた経緯、書いてなかった気がします。今のメインはこちらを使ってます。通勤で使っているのは、「シティー3ウェイプラス」です。これだと↑ぐらいは余裕で飲み込んで、さらに着替え、文庫本数冊、菓子パンぐらいは問題ないです。ただ、こちらは先日別の問題が・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/12/17

Mac OS X Leopard(顛末)

入力ができなくなる件ですが、日本語に限らず発生するようになりまして・・・ある日全てのキー入力を受け付けなくなりました。外付けキーボードを使うとなにも無かったかのように動作。・・・ハードの故障でした。MacBook Pro15は買って半年で入院生活と相成りました。思えば、先々代のPowerBook 15inch最終型もメインボード交換で入院したっけ。あの頃はApple Storeが札幌になかったのでちょっと大変でしたが、今回は程なく修理も終わり、コンピューター無しの生活は中一日のみでした。修理内容はトップケース交換?だとか、キーボード回りの交換なのでしょう。

もうちょっと在宅ワーク、メールワークから離れられると思ったのに(涙)。ともあれ、仕事の資料作成に大幅なdelayなく済んで助かりました。そんな訳でleopardを疑った日本語入力の不具合ですが、結果、ハードの故障と言うことで顛末終了。プレゼンも無事かどうかは判らないけど、とにかく終わってほっと一息。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

Mac OS X Leopard(続き2)

OSの不具合なのか、MacBook Proの不具合なのか判りませんが、日本語を入力していると時々固まるようになりました。ある程度文章を書くとキー入力を受け付けなくなり、程なく復帰する、と言う不可解な様子。ことえりでもATOK2006でもおきます。

ユーザー辞書の形式が云々と2chのスレだったかな、どこかで読みましたので、ATOKの方はユーザー辞書を使わないとか、推測変換やあとなんだっけ、とにかく使わないように設定してみたけどやっぱり時々症状が出ます。ことえりはのユーザー辞書はまだ手つかずです。

症状が出た時もマウスは問題なく使えるので、ATOKからことえりに、またはその逆に変換ソフトを換えてみても入力はできません。しばらく待つと入力ができるようになります。

さて、これはOSの問題でしょうか、それともハードの問題(なんか違いそうだけど)でしょうか・・・。深刻ではないけど文章書いている時に思考を中断されるのは(書こうと思った瞬間にえいやっと書く訳で、いつも書いてる訳じゃないのでなおさら)ちょっと困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

Macで使えるテンキー

ある処理ソフト、テンキーがある方が操作性が良いのですが使っているのはMacBook。NumLockとかMacに限らずノートパソコンでこれを使う人って本当に居るのでしょうか?自分は無理です。そんなわけで必要時、テンキーは外付けです。

普段は電卓にもなってコードを繋ぐとテンキーにもなる、なんてのを繋げて使っていたのですが、キー配置がもろ電卓なものでテンキーらしい配列のものでも手に入れましょうか、と調べてみると意外と対応品が無いようなのです。

現在使っているのは、「ELECOM TK-DE2USV(リンクはメーカーサイト)」ってやつです。自分が把握してない不具合はあるのかもしれませんが、使っている範囲では特に問題なく動作しています。計算結果をエクセルのセル(に限りませんがキャラクタとして)へ転送するとか、カーソルの移動とかBSキーとかも動いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/31

Mac OS X Leopard(続き)

役に立つかしらないけど動作報告。

Parallels (Build3214) + WindowsXp Proは問題なく動いています。ATOK2007でファイル名を変更するとき、確定の為にenterを押すとウインドウが閉じちゃいます。ご愛敬ですが、ことえりの出番です(笑)。Keynote(Ver.3.0.2)で作ったファイルを開こうとしたら、Omni Outlinerで開いてびっくりしました。一旦「このアプリケーションで開く」でkeynoteを指定したらその後は何事もなかったかのようにkeynoteで開くようになりましたが。謎。

CoverFlowでGrapherで作成されたファイルの中身が見えず、プログラムのアイコン表示です。ちょっと悲しい。Webアーカイブもアイコン表示です。フォルダもフォルダのアイコンだけでつまらないと言えばつまらないです。中身のファイルサイズとかファイル数とか、とにかくなにかしら出してくれるぐらいの一ひねりがあって良いかも。Apple Worksのファイルはなんとexec、実行ファイルのアイコンです。時代の流れとはいえ、これも悲しい感じがします。

Spacesで各画面を行ったり来たりすると画面毎のアプリの上下関係(前面・背面の関係)が保持されないことがあります。これは何故だろう?時々起こるような気がします。iCalの予定が見にくくなった(詳細がでなくなっちゃった)んだけど、これどうやって戻すんだろう?そんなこんなで、深刻なトラブルには幸い見舞われていませんが、細々と、やっぱりいろいろありますなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/30

Mac OS X Leopard

Mac OS X Leopardの上書きインストールをしました。普通、バージョンアップ、特にメジャーなのは特に、数ヶ月くらい経って落ち着いてから思い出したようにやることが多いのですが、今回はどういう訳か発売後数日で、何故か気がついたらインストールディスクが手元に・・・。MacBookPro15インチ(現行)、MacBook黒(初代)、いずれもあっさりとインストールは終了。取り敢えず今のところ特に問題ないようです。

OSのバージョンアップで、本質的な何かが変わるわけではないのですが・・・(多分)。

今回はデモンストレーションで、フォルダの中身の見せ方の一つ、CoverFlowを見てやられちゃいました。これだけ軽快にファイルの中身を確認して探せるなら入れても良いかな、と。それから、クイックルックなる機能で今までのプレビューなんか目じゃないほど、殆ど一瞬と言っていい速度でファイルの中身が表示されます。OSとして標準でこういう機能を提供してくれるのはありがたいです。
このツールを使えばこれができるよ、あれをしたけりゃツールを、とフリーソフトをあれこれ揃え集めて使えるようにするの、そろそろ年齢のせいでしょうか?!、だんだん面倒くさくなってきました(汗)。そんな訳で、spotlight+coverflowで目的のファイルに到達する手段が増えて良いことだと思います。

その他、辞書は国語辞典、英和/和英辞典、類語辞典がシステムに組み込まれています。調べたい単語を選択して右クリック->辞書で調べる、でもいいですし、単語の中にカーソルを置いて、Control+Command+Dでも対象語の意味が出てきます。便利だー。
Spacesは昔からある仮想デスクトップです。他にも「新機能」と呼ばれるもの、追々必要があれば使うことになるでしょうが、些細な変更もカウントして300とか400の新機能などと謳うのは実際に問題としてどうかなぁ、と思ったりします。

インストール自体は工程数少なくできました。インストール直後の起動は少し遅く、ドキドキしましたが、無事シーケンス終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

CrossOver Mac(試用)

Windowsじゃないとどうしても仕方がない時にはParallels Desktopを使っているのですが、時々、2種類あるうちのどちらかを買うことがあるMacの月刊雑誌の広告で、CrossOver Macを見て検索。試用版があるとのことでちょっと試してみました。

目的ははっきりしておりまして、ある仕事上必要なwebへのアクセスが、winのIEで無ければならない、そんなところがありまして、ちょろっとIEを起動してアクセスして用を足して閉じる、のにParallelsよりはほんの少しは早く済むんじゃないかと・・・。

淡い期待虚しく、なんだか上手く行きませんでした。CrossOver Macで起動したIEの上で、JAVAのなんたらがうまく動かんくて・・・。なにやら別ウインドウで、Windows VISTAと上の方に書いてあるMicrosoft社のHelpらしき英語のページが勝手に開きまして、「あれすれーこれしれー(方言ですよー)」、と書いてあるように読める(解読される)のですが、CrossOver Mac の win98 の IEには英語で指示してある場所に該当する設定項目が見あたらない・・・。

万が一、上の手順が上手く行っても、多分、引き続いて必要なアクセス時に必須のUSBデバイスを認識させてあれやらこれやら、しなければならないのも少し遠い道のりな予感がしました。ここで時間を消費するくらいなら、現状維持(parallels)が総所要時間抑制の点からは妥当かな、と。

そう言えば、parallelsって、うちにあるのはVer2.xらしくて(と言うか3.xっていうのが出てるのね)。以前2本目のライセンスを買ったときに次回のメジャーバージョンアップの際にはなんたらかんたら、と書いてあったような気がするけど、なんだったかなー。でも、これも現状特に困ってないので暫くはこのままで。

自分の目的は達成できませんでしたが(現在の所)、ほんの少しの手順で、WindowsのIEがいとも簡単にインストール、起動し、設定もせずネットのブラウジングが可能なのには驚きました。ついでなので、Windows時代はかなり重宝しておりましたAble CVと言う画像ブラウザを試用インストールしてみますと、あっさりと使えるようになりました。結構凄いと思う・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/29

本日の収益額

いつだったかブログの左側に、ブログの内容に応じて広告が表示されるとか言うgoogleのなんとかを設置してみました。大体2ヶ月ぐらい経ちました。えー、収益は設置以来の総計で0.9USDだそうです。うーん。

これ、ブログの内容でどんなのが選んで表示されるのか、これに興味があって置いているだけですので、クリックは全く期待しておりませんー。中途半端に何かが買えそうな金額になると、よこしまな考えがふつふつと沸き上がってくる可能性が非常に高いです。危険です。

まずあり得ないけど、それなりの金額が万が一生じてしまったら、日本赤十字社とか野鳥の会とかに匿名で寄付します。でも、受け取る手続きとか寄付する手続きとか、とってもとても面倒そうな気がするので、クリックするのは止めましょう・・・。

で、本題ですが時々しか見てないのですが、どうもうちのブログだと表示する広告、何を載っけたらいいのか迷っているのか判断しあぐねているのか、自分でもクリックしてみたくなるような(実際は自分でクリックは絶対しちゃ駄目らしいです)ものが表示されたことって無いです。あんまり面白くないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

MacBook Pro 15インチとバッグ

MacBook Pro 15inch LEDに書いたバッグのお話です。
MacBook用に自転車の前かごに入るバッグを探しました。それにProを入れてみることになりました。)Apple Storeで聞いて買ってきたので当然、「Shinnorie メッセンジャーバック」にはぴったりと収まるのですが、「マンハッタンパセージ シティー3ウェイプラス」ではどうだろうか・・・。試してみました。

なんとか入ります。けど、きつきつな感じです。シティー3ウェイプラスのパソコンを入れるコンパートメントは、地面においた時にパソコンが床に直接当たらないよう、U字型のつり下げ構造になっていて、手を入れてみると微妙に底面からパソコンが浮くようになっています。このU字部分の弾力で、ジッパーを閉めた時にマックの角に少しテンションが掛かって少し出っ張っているような、そんな風になってます。

ちょっとの間使ってみようと思いますがなんだか微妙だなぁ。自分としては、まぁ許せる気がするきつさですが、入れる時に気をつけないとジッパーがマック本体とちょっと擦れる(かもしれない)ので、小傷とかがつく可能性を気にする人だと許せないかもしれません。


家にある、普通の横型のバッグ、幾つかにも入れてみましたが、外国の学会とかで貰うような普通の大きさの(何が普通かと言われると困りますが・・・)バッグには丁度はいります。でも、これだと自転車の前かごに入らないから、以前と同じ状況に舞い戻ってしまう訳で。常用することにはならないのでやってみただけ。

 
 
それにしてもACアダプタの大きさは気になるなぁ。MacBook用に、仕事先で滞在時間が長い場所にはACアダプタを別に買っておきっぱなしにさせて貰ってますが、Pro用のをまた1個2個と買うのは勿体ないし、流用しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)